トマトのお姫様、6次産業化への第1歩

こんにちは。

青森県よろず支援拠点:事務局奥崎です。


昨日より台風の影響で、本日も終日雨模様です。

農家の方々他、被害がない事を祈って!!


さて、先日15日(日)、若手農家の産直市「あおもりマルシェ」にて、

20171015_134015-s.jpg

弘前の農家・舘山華江さんが「ミニトマト 「千果(ちか)」100%ストレート」ジュースの商品発売を開始しました。


20171015_125830-s.jpg


舘山華江さんは、4年前に就農し、現在はハウス3棟でミニトマトを栽培しています。


ミニトマトの品種は「千果(ちか)」という、酸味が少なく、すっきりとした味わいが特徴のミニトマトですが、割れやすく廃棄していたので、なんとか商品化したいと、よろず出張相談会にいらっしゃいました。


20170823_141223-s.jpg

初めての加工品開発という事で、最初はかなり緊張し、戸惑われていましたが、加藤哲也チーフコーディネーターはじめ、コーディネーター陣や県の方々が懇切丁寧に委託製造先、瓶選び、原価計算、デザイン販促物に至るまで舘山さんの意向をじっくりと聞きながらアドバイスをされていました。


20171015_125837-s.jpg


6次産業化への第1歩!という事で、今回ミニトマトジュースの商品開発ですが、一番は生のミニトマトがきちんと売れること。

ミニトマトジュースを飲んでくれた方が、舘山さんの生のミニトマトも食べてみたいと商品に手が伸びるよう、生果と加工品共通のブランドロゴを作りました。

rogo.jpg


デザインはTSUKI DESIGN OFFICE:髙田順子デザイナーにもアドバイスを頂きながら、農園「トマトのお姫様」のブランドロゴが完成しました。

生のミニトマトにも加工品のミニトマトジュースにも共通ブランドロゴシールを貼り、きちんと舘山さんの商品ブランドだと分かるようブランド構築をしました。


20171015_125805-s.jpg


今回相談会に参加し、舘山さんはこんな感想をお話されていました。


『知識や経験ほぼ無しの状態で行って、ゼロから全部教えてもらい、全面的にサポート頂き、ありがたいなと思いました。

みんなで考えるのが楽しかったこと、ひとつの商品をつくるのにこんな風にできるのかと感動したことと、みんなのアドバイス、意見に、目から鱗って感じでした。

自分の商品が出来た時はすごく感動しました!!』


舘山さんご本人もお話されていましたが、相談を重ねるにつれ、舘山さんの表情が変わり、笑顔で目を輝かせ、楽しんで取組んでいらっしゃったのが印象的でした。


継続し相談されていたので、進行状況確認、課題整理がスムーズに進み、今何をやるべきか、どんな取り組みをしたら最も効果的に開発が進められるか、一つ一つ進んでいけます。



「はじめてみたい!」を是非ご相談下さい。










出張相談会場追加のお知らせ☆

みなさまこんにちは。

青森県よろず支援拠点事務局:森です。


さて、今回は出張相談会の会場についてご案内したいと思います。

この度、『商業・サービス業』の出張相談会におきまして、


10/19(木)つがる会場(つがる市商工会)

11/30(木)平川会場(平川市商工会)

上記2会場が新たに追加になりました。

(クリックすると各会場の場所についてご覧頂けます。)


偶数月(10月、12月、翌年2月)はつがる会場開催

奇数月(11月、翌年1月、翌年3月)は平川会場開催


※その他の出張相談会スケジュールの確認はこちら


2ヶ月おきに各1回開催のペースではありますが、これまで相談会場が遠かった方など、

この機会にご利用されてみてはいかがでしょうか。

当拠点米田コーディネーターが担当させて頂きます。

yoneda.png


どうぞ、お気軽にご相談下さい。

スタッフ一同、お待ちしております。


「商業・サービス業セミナー」開催のおしらせ

皆さまこんにちは。

青森県よろず支援拠点:事務局の森です。

すっかり寒くなりました。

日中と夜の寒暖差が身にしみる今日この頃です。

秋を満喫するどころか、早くも冬の足音が少しずつ近づいている気がします・・・。


さて今回は、「商業・サービス業セミナー」開催のお知らせです。


このたび、青森、弘前、八戸の3会場におきまして、上記セミナーを実施することとなりました。

本セミナーでは、皆さまのビジネスシーンでの知的財産に係る具体的事例についてご紹介するとともに、小規模事業者の個人情報保護法の扱いや民法改正ポイントなどについてわかりやすくご説明します。

個人、法人問わずご参加頂けますので、お気軽にご参加下さい!




~青森県よろず支援拠点~

「商業・サービス業セミナー」(青森会場のチラシ)

2017チラシ(青森会場案).png

◎弘前会場

平成29年10月30日(月)14:30~17:00

弘前商工会議所 203会議室


◎八戸会場

平成29年11月14日(火)14:30~17:00

八戸商工会議所 3階第2会議室


◎青森会場

平成29年11月27日(月)14:30~17:00

青森国際ホテル 5階芙蓉の間


尚、セミナー内容、詳細につきましては、こちらをご覧下さい。


皆さまのご参加、お待ちしております。



『想い』を食卓、商品へ

こんにちは。


青森県よろず支援拠点:事務局奥崎です。

今日は蒸している感じですが、

明日からは最高気温16度とぐっと寒くなります。

体調崩されませんように・・・。


さて、本日のランチは、米田吉宏コーディネーター提案により、キッチンコンブリオのお弁当を事務所内で頂きました。

20170927_ben-s.jpg


キッチンコンブリオは、青森県よろず支援拠点で支援させて頂いている海藻開発コンブリオ:菊地様がお弁当を作って販売されているお弁当屋さんで、相談会にて商品開発された商品も店頭で購入出来ます。



本日のメニューは「海藻たっぷりのハンバーグ」でした。

海藻がぎっしり詰まっているのにジューシーで自宅で作るのとは大違いでした。

その他おかずのバランス、味付けもちょうどよく、美味しく体に優しいお弁当でした。

20170927_han-s.jpg


海藻コンシェルジュ:菊地様は、『素晴らしい海藻パワーを毎日の食卓に簡単に取り入れられたら』と日々のお弁当や県外の方にも手に取りやすくと常温商品の商品開発に取組まれています。



実際にお弁当を食べ、海藻の美味しさ・良さを知り、また食べたい!という想いと同時に、お土産として家族・知人にも食べさせたいと商品の導線も広がります。


事務所内でも、これなら毎日食べたい!と大好評でした。

20170927_3-s.jpg

(左奥:事務局森さん、左手前:岡田さん、右手奥:米田コーディネーター)


20170927_1-s.jpg

(工藤課長)


菊地様は、大間産海藻「ツルアラメ 」を中心に「健康」と 「笑顔の食卓」「大間の漁師さんと家庭の架け橋」になるよう日々商品開発、啓蒙活動にと大忙しです。


当初は、どのように展開をしていったら良いのか迷いながらのスタートのようでしたが、相談会等に参加し、方向性を整理し今の導線がしっかりとした活動へと広がっています。


まずは『想い』をご相談下さい。











課題整理を

こんにちは。

青森県よろず支援拠点:事務局奥崎です。


台風の影響で、まだ湿度が高く、暑いのか寒いのか、雨なのか不安定な天気が続いて何を着て良いか迷いますね。


さて、先週9月13日(水)青森国際ホテルにて『21あおもり産業創造フォーラム』が開催されました。

SKM_C30817092011111-s.jpg


今年は、県内企業4社が21あおもりアワードを受賞されました。

詳しい内容については、下記21あおもりのホームページ内にて公開されています。

http://www.21aomori.or.jp/folder/21aomori-forum.html



受賞された企業の中で、青森県よろず支援拠点:山本進コーディネーターの支援も受けたという株式会社ササキコーポレーション様が授賞式の際にこんな一言もお話されていました。


「山本コーディネーターは相談会の際に、常にホワイトボードを使って自分たちにも分かりやすく課題を整理して下さった」と。

20170914_105341-s.jpg


課題を持って相談にいらっしゃる方の多くは「点」の相談も多く。

「点」だけの課題解決だと早く解決出来るのかもしれませんが、青森県よろず支援拠点では、「線」が確認できるようじっくりと時間をかけて全体像をお伺いします。



自社だけではその「線」がきちんと見えない場合もあります。


しかし、山本コーディネーターは常に全体像を図式で整理しながら表したり、時には、具体的な数字をはめ込み事業者に目で見て分かりやすく、また、どの課題から取組むべきか明確に説明されます。


取組む課題の優先順位も、きちんと課題整理をしていくと当初とは違う課題から取組む事になる場合も多々あります。


まずは、全体像の線が見えるよう課題整理してはいかがでしょうか。


お気軽に、ご相談下さい。

訪問相談

こんにちは。


青森県よろず支援拠点:事務局奥崎です。


先週は、ツガルサイコー様が管理運営をされている『津軽伝承工芸館』へ訪問相談に行って来ました。

ツガルサイコー様は継続して出張相談会等お越し頂き、支援させて頂いている事業者様です。

20170905_1-s.jpg



この日は秋晴れで、葉も少しだけ赤くなり始めていました。

来月には絶景紅葉シーズンとなるでしょう。

20170905_6-s.jpg



ツガルサイコー様は『観光』や『またぎの文化』などをテーマに商品開発を行っています。

開発した『マタギカレー』『リンゴカレー』などのセット商品が、観光バス内で好評だそうです。

20170905_3-s.jpg


青森県よろず出張相談会では、毎月会場に起こし頂き相談対応をしていますが、そのスケジュールだけに限らず、訪問対応も調整し行っています。


実際に相談にいらっしゃる方のお店や商品、お店にいらっしゃるお客様も含め、全体を捉えた上で、相談対応をさせて頂く事が多々あります。


出張相談会スケジュールと日程が合わなくても是非お電話下さい。

スケジュールを調整し、訪問可能であれば訪問相談もさせて頂きます。


お気軽にお問い合わせ下さい。











こだわり食材を使った食品加工「雅菜工房」

こんにちは。

青森県よろず支援拠点事務局の奥崎です。


週末は、暑さがぶり返したようでしたが、本日はいくらか落ち着いている気がします。

とにかく、ねぶたに雨が降らないことを祈って!!



先週末、7月29日(土)・30日(日)2日間「うまい森 青いもりフェア」が青森市の県観光物産館アスパムにて開催されました。

umaimoriaoimori-2s.jpg


今回のテーマは「夏を乗り切る食 上十三から」という事で、野辺地葉つきこかぶや小川原湖産ヤマトシジミなど旬の味覚が大集合でした。

 

よろず出張相談会にもお越し頂いた事業者様が数多く出展されていました。


その中で、先月6月20日(火)に加工場お披露目、新商品試食発表会をされた「雅菜工房」様も姪御さんと出展されていました。

umaimoriaoimori-s.jpg

 

雅菜工房様は「雅菜(みやびな)工房から家族の和へ、こだわりの食材を使った食品をお届けします」をテーマに食品加工に取組まれていて、今回販売されていた商品は相談会にて商品開発を取組まれていた商品です。


miyabinakoubou-s.jpg

青森県産米をブレンドし、絶妙な食感に仕上げた『しいたけおはぎ(基本)』・『しいたけクリームチーズ(応用)』中には玄米も入っていて、食感がぷちぷちとして個人的にとても好きなおはぎです。

しいたけが絶妙なバランスで調和され、甘さも控えめなので何個でも食べれる感じです。

 

 

青森県産しいたけをふんだんに使った『しいたけごはんの素しょうゆ仕立て』『しいたけごはんの素豆板醤味』しいたけがたっぷりで風味もよく、手軽なので、忙しい時期に主婦の味方となります。

 

どの商品も何度も試作を繰り返し、商品化されたものです。 

 

 

雅菜工房代表の中野渡八志子さんはこのたび十和田市に移住し、空き家をリフォームして加工場を開設しこちらで、今回の新商品他、食品加工に取組まれています。


miyabina-6s.jpg

  

のぼりやのれんなどの販促物やデザインなども相談会にて検討されました。


miyabina-7s.jpg

  

Uターン女性起業のチャレンジです。

中野渡代表のこれからの商品開発も楽しみです。


よろず支援拠点では、あなたのチャレンジを応援します!

お気軽にご相談下さい。

  




レストラン御幸~根曲がり竹の美味しさを全国に

こんにちは。

よろず支援拠点:事務局奥崎です。


最近、最高気温が30度を越える日々で青森もいよいよ夏が近づいてきた感じです。

夕方にはねぶた囃子もちらほら聴こえてくるようになりハカハカします。



昨日、7月10日(月)青森県黒石市にある老舗「レストラン御幸」が約2年の歳月をかけ開発した「根曲がり竹の炊き込みごはんの素」を黒石市長を訪ね、商品完成・発売報告をしました。

  

20170710_092535s.jpg


昨年4月、青森県産業技術センターの「あおもり農商工連携助成事業」を活用し、出張相談会にて開発、発売した「牡蠣(かき)お重」が贈答用として全国的に好評の為、もっとより広く、多くの方々にも手に取って欲しいと今回の一般向け商品である姉妹品の開発・発売となりました。


2s.jpg


今回の新商品は、強みとして、青森県津軽地方で昔から庶民に愛されてきた貴重な根曲がり竹の美味しさを全国に届けたいと、

根曲がり竹を表に立たせた商品設計となりました。


根曲がり竹をまだ食べたことがない方々に是非味わって欲しい!!


使用している根曲がり竹は青森県産にこだわり、津軽地方の深山に自生するものだけを厳選。


採取は時に危険を伴う貴重な山の幸を贅沢に使用し、牡蠣お重同様、黒石市の姉妹都市である岩手県宮古市から直接買い付けた大粒の牡蠣を一般向け商品では、1袋に3~4個入れました。

shouhins.jpg

 

レストラン御幸創業以来使用している秘伝のタレを使い、購入した方が調理しやすく、また食べやすく、美味しく、何度も何度も試作を重ね、常温のお土産品が完成となりました。


hyoukeis.jpg

試食された黒石市長は、「牡蠣の風味がとても良く美味しい。みんなで販路拡大に努めたい」と 黒石市の土産品の1つとして定着することに期待されていました。



デザインを担当されたデザイン工房:木村氏は今回のデザインについて、「手に取りやすい、親しみやすいデザインにし、買い物かごにじゃんじゃん入れて欲しい商品」とおっしゃっていました。


チラシs.jpg


レストラン御幸・二代目店長:村上陽心(あききよ)氏は「青森県ならではを詰め込みました。これからもどんどん黒石のお土産を増やしていきたい!」と市長に報告されていました。


新たな地域特産品となることを願って、また、商品を味わった方が今度はレストラン御幸を訪れ、黒石を訪れて欲しいです。


こんな地域特産品を作りたい。

まずは、お気軽にご相談下さい。

















2017 『青森の正直』商談会

こんにちは。

よろず支援拠点事務局奥崎です。


今日は久しぶりに雨です。


先週6月28日(水)青森産業会館にて2017年『青森の正直』商談会が開催されました。


zentai-s.jpg


この商談会は、青森県産をはじめ、青函エリアの農林水産物及び加工品の販路拡大を図る為、圏域内の生産者、製造業者が一堂に会し、全国の小売業、卸売業、外食産業のバイヤー等に対して自らの商品を直接需要者に対してアピールし、商談を行うことを目的としているそうです。

 

展示会場では、相談会にいらっしゃっている事業者の方が多数参加されておりました。


会場内は、昨年よりのぼりや展示がとても賑やかに感じました。


【エイ・ワンド様】

毎月相談会にお越し頂き、商品アイテムも増え、ブランドごとのデザインもとても素敵でした。

また、この小瓶アイテムも詰め合わせセットに最適でした。

eiwando-s.jpg


【南大門様】

お店の味をご家庭でも・・という事で、焼肉のタレ、ドレッシング開発の相談でいらっしゃいました。

常温商品なので、これから詰め合わせで贈答用にもアピールしやすい商品となりました。

 nandaimon-s.jpg

 

【三上農園様】

頼もしい息子さんと参加されていました。

相談会では今自分が抱える課題を息子さんの世代に残したくない!と商品開発の際にも毎月通い相談されていました。


mikami1-s.jpg


【伝法川魚店様】

相談会でアイテムを増やしているペット商品がとても好調との事でした。

地サイダーTシャツもよくお似合いでした。


denpou-s.jpg



【駒嶺商店様】

うにだれの試食がとても好評でした。

発表会後も問い合わせが多く、販路拡大したとの事です。

komamines.jpg


【海藻開発コンブリオ様】

先月、新商品「黒こんぶ茶」を発表し、商品ラインナップも充実して来ました。

訪日客向け表示も強みとなっていました。

konburio-s.jpg



【小原工業様】

次々商品開発を進められるパワーにいつも驚かされます。

商品ブランドも分かりやすく展示されていました。

obara-s.jpg

  

その他も多数、相談会にお越し下さった方々が展示されていました。


出展してみて、他社商品を見て情報収集し、きっかけとなり、相談会に「商談会で見たこんな商品を作りたい!」と再度お越し下さった方々もいらっしゃいます。


どんな小さなきっかけでも、まずはご相談下さい。


  

  

  


黒こんぶ茶withあおもりカシス

こんにちは。

よろず支援拠点:事務局奥崎です。


6月は雨が降ったり、晴れたり日中急に暑かったり、朝晩寒かったりで体調崩している方が多いのではないでしょうか??


そんな時期にぴったりの新商品発表会が、先週22日(木)青森市:ねぶたの家「ワ・ラッセ」にて開催されました。

konburio-4s.JPG

新商品は【 黒こんぶ茶withあおもりカシス 】です。


商品を発表されたのは、海藻開発コンブリオ:菊地代表で、今度の新商品も海藻たっぷりです!!!!


青森県大間産ツルアラメ、ガゴメ昆布、真昆布をツルアラメが原料の藻塩と一緒に顆粒に加工し、青森市産ドライカシスをプラスした商品です。

スーパーフードのチアシードも入っています。

konburio-3s.jpg

冷水だとさら~りとさっぱりとしたのどごしで、お湯では、とろ~りと少しスープのような味わいです。

食欲がない時でも、また小腹がすいた時など最適な商品です。


商品開発については、昨年12月菊地代表が「青森らしいオリジナル昆布茶を作りたい!」と食の相談会にいらっしゃいました。

konburio-1s.jpg

菊地さんの新商品開発の発想は常になるほどなぁー・・。と後からじんわり響いてくる商品が多く、 オリジナル昆布茶も私にとってはそういう商品開発でした。


青森ならではとは、何を入れる??」半年以上かけ、試作・試飲では色々試行錯誤をしました。


様々試し、青森市産ドライカシスがバランスも良くピッタリ!という事で、海藻+青森市産カシスの商品設計となりました。

konburio_6s.jpg


パッケージでは、以前よりコンブリオ商品のデザインを担当されている髙田順子デザイナーのデザインです。

また、今回より訪日観光客の方にも手に取りやすくと山内 リチャードソン澄子氏のアドバイスを受け、英語表記等加えました。

konburio-2s.JPG

 

試飲発表会では、市民や観光客の方々に沢山飲んで頂きとても好評でした。

商品もコンパクトで軽いので、大人買いしていく方も中にはいらっしゃいました。

konburio-5s.JPG

 

菊地代表は、ツルアラメは生育が早く、他の海藻が育つ場所を奪う為、"厄介者"として扱われて来ましたが、そんなツルアラメは、なんとか食用に生かして県産品の1つにしようとこれまでにスープ、味噌汁と開発を続けていらっしゃいます。

海藻開発コンブリオHP: http://kaisoukaihatu-conbrio.com/

 

菊地様の次なる挑戦も楽しみです!


「こんなひらめきがあるけど、商品に出来ないかしら??」

まずは、ご相談下さい。

  


 




  • entry2864ツイート
  • Google+