レストランの味をご家庭で!「J1ステーキソース」☆

こんにちは。


青森県よろず支援拠点 事務局の山口です。


ついに平成最後の営業日を迎え、感慨深い気持ちでブログを書いております。


明日から始まる前代未聞の10連休、みなさまどのように過ごしますか??


ご家族で何かおいしいごちそうを食べる!という方もいらっしゃるかもしれませんね(๑´ڡ`๑)


そんな方におすすめしたいのが、4/24に新発売されました


黒石市のレストラン御幸様の「J1ステーキソース」です!♪

J1ステーキソース.jpg


黒石市の和風レストラン御幸様は当事務局にご相談を頂き、


約1年かけてお店オリジナルのステーキソースの家庭用を開発してきました。


主原料は黒石産りんごと青森県産にんにくとなっており、


創業半世紀の自慢の味を再現するのに、ゴマやたまねぎ、人参、生姜、昆布だし、レモン


など様々な具材を用いてさっぱりとした味に仕上がっています。


また、レストラン御幸様が特に意識されたのが近年増加している訪日外国人観光客でした。


お土産品として購入頂けるよう、筆文字を使って和風のパッケージデザインにしたり


英語の商品説明文を載せるなどの工夫がされております。


商品名の「J1」には、「日本(JAPAN)を代表して(No.1)世界に羽ばたけ!」


思いがこめられているんですよ!(*^∀^*)


内容量は330mlで価格は税込み950円です。


レストラン御幸様の他、黒石市の松の湯交流館でもお求めになれます。


新しい令和の時代を祝って、


おいしいソースでステーキを召し上がってみてはいかがでしょうか!?(^^)

 


ABC相談会では、

 

青森県や産業技術センター、当拠点所属の食やWEBのプロ、デザイナーが一緒になり、

 

相談者様の想いをカタチにするためにじっくり時間をかけて商品を作り上げていきます。

 

完成した商品のプレスリリースもお手伝いさせていただきます。

 

レストラン御幸様のように商品開発でのご相談のほかにも

  

既にある商品の味やデザインのリニューアル等もご相談いただけます。

  

ABC相談会のお問い合わせ・申し込みはこちら↓

 

http://www.aomori-shokusangyo.com/abc.html




「ごちそうドレッシング」で野菜を食べましょう!☆

こんにちは。


青森県よろず支援拠点 事務局の山口です。


突然ですが、みなさん野菜って毎日召し上がれていますか?


健康に良いとは知りながらも、なかなか毎日必要量を食べるのは難しいですよね。。。


そんな時、味に変化をつけられるドレッシングがあれば、


ボリュームあるサラダもおいしく頂けますね~(^^)



そこでおススメしたいのがこちら♪ ↓ 


弘前市在住の福地ひとみさんによるブランド『GREEN SWITCH』から


4月20日に新発売されました「津軽のごちそうドレッシング」です!

ごちそうドレッシング.jpg


3種類のドレッシングは、それぞれ津軽にまつわる素材をメインに、


栄養士である福地さんがABC相談会コーディネーターと二人三脚で開発した、


具材たっぷり&彩り豊か、そして添加物不使用でヘルシーなこだわりのドレッシングです!



①「さくらとりんご」

桜漬けの香りとりんごの爽やかさが特徴。

冷やし中華などにもおすすめ!


②「清水森ナンバ(青)」

弘前在来のトウガラシである「清水森ナンバ」を使用。

トウガラシの香り、優しい辛味が後をひきます。

冷奴などにもマッチ!


③「清水森ナンバ(赤)」

自家製味噌を使用したピリ辛味で、香りはまろやかです。

温野菜にかけるとおいしいです!




「清水森ナンバ」はまだあまり知名度こそないものの、

れっきとした弘前のご当地野菜なんだそうです!

トウガラシ.png

ご当地野菜と言えば、聖護院大根や京人参などの「京野菜」などが有名かと思いますが、


なかなか普段スーパーなどでは手に入りにくいので非日常感があり、


古都のモノならではのおしゃれなイメージもありますよね!


伝統ある城下町である弘前にも、清水森ナンバのようにレア感のある地元農産物があることを


県内外の方に知って頂くことはとても良いことですね(^^)


ドレッシングは、近年流行のジャーサラダなどに使っても楽しそうです☆↓

ジャーサラダ.jpg


3種類の商品はいずれも内容量200mlで、価格は税別600円となっております。


販売場所はふじさき食彩テラス、津軽藩ねぷた村、フレッシュファーム・FORETとなっていますので、


新感覚のドレッシングをお求めの方はぜひトライしてみてくださいね!


新たな需要を「『とりこめ』!チップス」

こんにちは。


青森県よろず支援拠点 事務局の山口です。


そろそろ農家の方は田植えを始めるシーズンのようですね。


日本人の米離れが進んでいると言われて久しいですが、


自然が豊かで水もきれいな青森県のお米は特においしいので、


ぜひ積極的にお米を頂きたいですよね~( ´ ▽ ` )


と言いつつ、面倒くさがりな私は常に無洗米を利用し、米とぎの手間を省いております!(笑)


さて、本日はなんとお米の問屋さんが新規事業として打ち出した、


お米を使った新商品のお話です!

IMG_1473.jpg


七戸町の米穀卸業「三栄流通」様は、元々お米の卸売業が本業でいらっしゃいますが、


新たな販路拡大策についてABC相談会でご相談頂き、


このたび2つの米加工品を新商品として発売されるに至りました!


ナチュラルな雰囲気で統一感あるおしゃれなパッケージも素敵です。


☆とりこめチップス(12枚入り 税別460円)☆


青森県産米を米油で揚げた、サクサク感がおいしい、優しい甘さの薄焼きおかきです。


☆麹のとりこ(120g 税別500円)☆


南蛮味噌と米麹を使った万能調味料です。


ピリっと辛めの味付けで、ごはんやお肉、野菜など何にでも合わせやすいですよ!



「とりこめチップス」のネーミングには、経営者様の名字「鳥谷部」の「とり」に「コメ」を


プラスしたというだけではなく、


お米の新たなファンを「とりこめ!」という意味もこめられているそうです。


企業の多角経営と言えば、フジフィルムなど、


フィルムのコラーゲン研究という自社資源を活かし


化粧品という新規事業で成功した例などが有名ですが、


三栄流通様のお米という自社資源をアレンジしての新しいチャレンジもぜひ成功し、


今後どんどん事業拡大されることを楽しみにお祈り申し上げております!



「ABC(あおもり食品ビジネスチャレンジ)相談会」は、


「食」産業の充実・強化を着実に推進するため、県内の農林水産物等を活用し、


付加価値の高い商品づくりやこれに伴う事業拡大等に取り組む事業者を対象に、


支援制度などの情報提供や具体的なアドバイスをいたします。


対象者様は、


県内の農林水産物を活用した商品開発や事業拡大等に取り組む地域の農林漁業者、


食品製造業者、流通・販売業者等(相談料は無料です。)


あなたの思いをカタチにしませんか。


相談会申込み・詳細についてはこちらから↓


http://www.aomori-shokusangyo.com/abc.html

新食感☆「りんごのあめっこ」

こんにちは。


青森県よろず支援拠点 事務局の山口です。


全国的にも有名な弘前公園の桜が本日ついに開花となりましたね!


美しい桜を眺めていると、日本人で良かった~としみじみ感じます✩.*♪(o´∇ `o)♪.*✩


青森でのお花見のお供として、津軽な雰囲気をより満喫するのにもうってつけの、


林檎でできた「新食感」スナックを本日はご紹介させて頂きます!


りんごのあめっこ.jpg


その名も 「りんごのあめっこ」 !


パッケージのおばあちゃんのイラストもあいまって、


ほっこりとした懐かしさを感じる郷土感あふれるネーミングです。


見た目はキャンディのようなのですが、青森県産「ふじ」をセミドライにした


『グミ食感』の商品なんですよ!


柔らかすぎず固すぎず、かつ単なる飴よりも食べごたえがあり、非常にジューシーです!


こちらは、青森県藤崎町の「農家サロン夏菜」様が4月10日に発売された新商品となっております。


開発にあたっては藤崎町の「ふじさき産品開発支援事業」に参加し、


農家サロン夏菜様、ABC相談会コーディネーター、藤崎町がアイディアを出し合って


地域色ある一品が誕生しました。


林檎をむく手間もなく、林檎が変色する心配もなく、林檎の甘酸っぱい豊かな味わいを


屋外でも気軽に味わうことができますよ!


ご家族・ご友人と、携帯しやすい「りんごのあめっこ」を一緒につまみながら、


お花見などいかがでしょうか?(^^)


もちろん、普段使いのおやつにも、ちょっとしたお土産にもぴったり♪


「りんごのあめっこ」は12個入りで税別400円、ふじさき食彩テラス、農家サロン夏菜様などで


販売中です!ぜひお試しくださいませ!!



ABC相談会では、  

 

青森県や産業技術センター、当拠点所属の食やWEBのプロ、デザイナーが一緒になり、

 

相談者様の想いをカタチにするためにをじっくり時間をかけて商品を作り上げていきます。

 

完成した商品のプレスリリースもお手伝いさせていただきます。

 

農家サロン夏菜様のように商品開発でのご相談のほかにも

 

既にある商品の味やデザインのリニューアル等もご相談いただけます。

 

ABC相談会のお問い合わせ・申し込みはこちら↓

 

http://www.aomori-shokusangyo.com/abc.html

 


「こんなこと相談してもいいのかな・・・?」と思ったらまずはご連絡ください。

 

当拠点では、ABC相談会のほかにも事業者様の様々なお悩み解決の

 

お手伝いをさせていただく11名のコーディネーターによる

 

「よろず出張相談会」も県内各地域で開催しております。

 


よろず出張相談会の詳細はこちら↓

 

https://www.21aomori.or.jp/yorozu/

 

「ABC相談会」「よろず出張相談会」ともに

 

事前のご予約が必要になりますが、ご相談は無料です!

 

ご相談回数も制限はありませんので、お気軽にご利用ください。

 

スタッフ一同、心よりお待ちしております。



レトロ可愛いドライアップル♪

こんにちは。


青森県よろず支援拠点 事務局の山口です。


5月1日からの「令和」への改元が近づいてきていますね!


字面的にも麗しく、素敵な響きの新元号ですが、


本日はそんな「令和」時代におススメしたい


可愛らしい林檎の新商品をご紹介させて頂きます☆

ドライアップル.jpg

ABC相談会で開発のお手伝いをさせて頂き、


青森県黒石市の紅果園様から4月9日に新商品として発売されました「ドライアップル」です!


まず目をひくのは、ステンドグラス調のレトロ可愛い林檎のデザインのパッケージ。


園主の奥様が発案され、園主様の名字「京野」の「の」を図案化したものです。


シールになっており、はがして再利用することもできますよ♪


そして、紅果園様で自家栽培した林檎を使ったドライアップルは


かめばかむほどに林檎の甘さが口の中に広がります。


緑茶などと一緒にお茶請けとして、


お子さんへのヘルシーおやつとして、


ヨーグルトやグラノーラなどへのトッピングとして使ったり、


紅茶に浮かべて即席アップルティーとして召し上がって頂くのも面白いですよ!(^^)


まず今春のスタートは「ふじ」のレッドから発売開始。


この秋には「ぐんま名月」のブルー、「シナノゴールド」のイエローの3色が揃う予定


となっておりますので、こちらもどうぞお楽しみに♪


ドライアップルは2種類ずつの展開で、内容量25gの「スライス」が税別350円、


内容量30gの八つ切りが税別400円です。


販売場所は黒石市の津軽伝承工芸館、同じく黒石市の松の湯交流館となっておりますので


ぜひチェックしてみてくださいね!



「ABC(あおもり食品ビジネスチャレンジ)相談会」は、


「食」産業の充実・強化を着実に推進するため、県内の農林水産物等を活用し、


付加価値の高い商品づくりやこれに伴う事業拡大等に取り組む事業者を対象に、


支援制度などの情報提供や具体的なアドバイスをいたします。


対象者様は、


県内の農林水産物を活用した商品開発や事業拡大等に取り組む地域の農林漁業者、


食品製造業者、流通・販売業者等(相談料は無料です。)


あなたの思いをカタチにしませんか。


相談会申込み・詳細についてはこちらから↓


http://www.aomori-shokusangyo.com/abc.html


なつかしの駄菓子「イモ当て」にりんご味が登場!

みなさまこんにちは(*^^*)


4月より、青森県よろず支援拠点事務局に新しくメンバー入りしました山口と申します♪



初心者マークをつけながらも、皆様に当事務局のことを少しでも多く知って頂けるように


はりきって記事を書いてまいりますので、どうぞよろしくお願いします☆



さて、今回は4/12(金)11時より青森駅前A - Factoryにて行われました 


佐藤製菓様の新商品発表会についてのレポートです!

イモ当て林檎餡商品画像.jpg

子供のころ、駄菓子屋さんで買った「イモ当て」。


懐かしく覚えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?(^^)


元々は駄菓子屋さんで販売されている30個入りのくじ付餡ドーナツですが、


このたび、「イモ当て」シリーズに待望のりんご味が仲間入りすることになったのです!



青森といえば、りんご♪


ABC相談会では、お土産としての需要獲得のため、


りんご味の商品追加の必要性についてアドバイスさせて頂きました。


そして佐藤製菓様は、青森県内の様々なりんご餡のお菓子を試食し研究を重ね、試行錯誤の末、


りんごのフレッシュな味わいを実現されるに至りました!


さらに、生産ラインを工夫したことで、日持ちも1ヶ月ほどになりました。


しかもお土産としての購入にちょうど良いサイズ感のパッケージ、価格設定(1箱\1,296 )なので、


お土産品としてバッチリ魅力を訴求できる商品となっております☆



4/12(金)の新商品発表会には、県内のプレス各社の他たくさんのお客様がお見えになりました。


小さなお子様連れの方もおいでになり、くじをひいて当たりが出たりすると


大喜びで歓声を上げながら試食されるなど、ほほえましく、にぎやかな発表会となりました♪

お客様画像.JPG




「新しい青森の定番お土産として、県内外の方はもとより、


海外の方へも積極的にアピールしていきたい」と今後の意気込みを熱く語られた佐藤製菓様も、


手ごたえを感じられた模様でした!


「イモ当て りんご餡」はA- Factory等県内お土産ショップにて販売中ですので、


気になる方はぜひお試しくださいませ!



ABC相談会では、


青森県や産業技術センター、当拠点所属の食やWEBのプロ、デザイナーが一緒になり、

相談者様の想いをカタチにするためにをじっくり時間をかけて商品を作り上げていきます。


完成した商品のプレスリリースもお手伝いさせていただきます。


佐藤製菓様のように商品開発でのご相談のほかにも


既にある商品の味やデザインのリニューアル等もご相談いただけます。



ABC相談会のお問い合わせ・申し込みはこちら↓
http://www.aomori-shokusangyo.com/abc.html


「こんなこと相談してもいいのかな・・・?」と思ったらまずはご連絡ください。


当拠点では、ABC相談会のほかにも事業者様の様々なお悩み解決の


お手伝いをさせていただく11名のコーディネーターによる


「よろず出張相談会」も県内各地域で開催しております。

よろず出張相談会の詳細はこちら↓

https://www.21aomori.or.jp/yorozu/

「ABC相談会」「よろず出張相談会」ともに


事前のご予約が必要になりますが、ご相談は無料です!


ご相談回数も制限はありませんので、お気軽にご利用ください。


スタッフ一同、心よりお待ちしております。

海藻サラダに新提案

こんにちは。
青森県よろず支援拠点 事務局の三栗です。


2月に入り、風邪やインフルエンザのほかに
今年は「麻しん(はしか)」が流行しているようです。
空気感染もする「はしか」の感染力はインフルエンザの約10倍だそうです!

恐ろしい・・・
免疫を持っていない人が感染するとほぼ100%発症すると言われています。
青森県のウェブサイトの『麻しん情報』から目が離せないこの頃です。


さて今回は、
「よろずスタッフブログ」でたびたびご案内させていただいております
ABC(あおもり食品ビジネスチャレンジ)相談会において
新しいタイプのドレッシングが完成しましたのでご紹介させていただきます。



開発されたのは、青森市旭町にあります

海藻開発コンブリオ 代表の菊地様です。
青森県産の海藻を中心とした商品を次々と開発されている事業者様です。


昨年、「粉のタイプのドレッシングを作りたい!」と
ABC相談会にいらっしゃってから約1年・・・
何度も試作や試食を繰り返し、ついに納得のドレッシングが完成しました。



商品名「五種の海藻 藻里(もり)のサラダ」


味は2種類になります。


「檸檬&藻塩」                「昆布&特製だし醤油」

remonmojio.JPGkonnbudashisyouyu.JPG



・ご自宅のいつものサラダをちょっぴり特別に
・青森県産の海藻を食べてもらいたい
・高級感を出してお土産や贈答用に
などを商品開発のポイントとして、
粉末タイプのドレッシングと乾燥させた5種類の海藻をたっぷり入れ、
使いきりのトス(混ぜる)タイプになっています。
パッケージデザインは、高級感を意識して

素材や色、デザインについてもデザイナーと何度も練り直しました。


ABC相談会では、
青森県や産業技術センター、当拠点所属の食やWEBのプロ、デザイナーが一緒になり、

相談者様の想いをカタチにするためにをじっくり時間をかけて商品を作り上げていきます。
完成した商品のプレスリリースもお手伝いさせていただきます。
コンブリオ様のように商品開発でのご相談のほかにも
既にある商品の味やデザインのリニューアル等もご相談いただけます。

ABC相談会のお問い合わせ・申し込みはこちら↓
http://www.aomori-shokusangyo.com/abc.html


「こんなこと相談してもいいのかな・・・?」と思ったらまずはご連絡ください。
当拠点では、ABC相談会のほかにも事業者様の様々なお悩み解決の
お手伝いをさせていただく10名のコーディネーターによる
「よろず出張相談会」も県内各地域で開催しております。

よろず出張相談会の詳細はこちら↓

https://www.21aomori.or.jp/soudan/yorozu/


「ABC相談会」「よろず出張相談会」ともに
事前のご予約が必要になりますが、ご相談は無料です!
ご相談回数も制限はありませんので、お気軽にご利用ください。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。



【IoT活用セミナー】無事終了しました!

みなさまこんにちは。

青森県よろず支援拠点:事務局の森です。



さて今回は、12月5日に

青森県産業技術センター工業総合研究所 

IoT開発支援棟会議室にて開催した

「IoT活用セミナー」の様子をお伝えします。



IMG_46911.jpg

『中小企業のIT化からIoT化を支援するMZプラットフォーム』と題し、

国立研究開発法人産業技術総合研究所の古川 慈之氏にご講演頂きました。

古川氏の講演は、一部と二部に分けて行いました。

第一部では、IoT活用の効果や産業総合研究所の支援活動についてと、

MZプラットフォームの概要についてご紹介頂きました。




IMG_46977.jpg

続いて、『MZプラットフォーム導入事例の紹介』と題し、

株式会社日新電機システムの金城 聡氏に自社で取り組んだ

MZプラットフォームを活用したバーコード工程管理についてご講演頂きました。


次に、古川氏の講演の第二部として、MZプラットフォームを拡張した

スマート製造ツールキットについてご説明頂きました。





DSC_07499デモ機.JPG

講演の最後に、機械稼働状況をデータ収集し、リアルタイムで可視化することができる

スマート製造ツールキットのデモンストレーションを実施して頂きました。

参加した皆様は、熱心にご覧になり、講師への質問や、参加者同士の情報交換等も

活発に行われました。ご参加下さった皆様、ありがとうございました。



そして今月はもう一つ、12/21日に「人手不足対応セミナー」を開催します。

(詳しくはこちら

ただ今参加者募集中ですので、こちらもよろしくお願いします。




☆人手不足対応セミナー開催のお知らせ☆

みなさまこんにちは。

青森県よろず支援拠点:事務局の森です。

もうすぐ12月です。とうとう冬がやってきますね~。


さてさて、今回は今年最後のセミナーのお知らせです。

本セミナーでは、従業員にとって働きやすく働きがいのある「魅力ある職場づくり」

を進めるためには、評価や処遇、人材の育成、ワーク・ライフ・バランスの実現できる環境整備など、

従業員の視点に立った雇用管理を実施することが効果的です。


寒くなりますが、みなさまぜひご参加下さいませ(*´ω`*)



*♧*:;;;;;;:*♧*青森県よろず支援拠点 人手不足対応セミナー*♧*:;;;;;;:*♧*


 【開催日時】 平成30年12月21日(金) 14:00~16:00

 【開催場所】 アピオあおもり 1階 保健指導室

       (青森市中央3-17-1 / TEL 017-732-1010)

 【対 象 者】  支援機関担当者及び中小企業・小規模事業者等

 

 【内  容】 ◯講演  14:05~15:30

         『 働き方改革による人手不足への対応

          講師:特定社会保険労務士 工藤 與志正 氏       

        

        ○施策紹介 15:30~16:00

         ①「青森県よろず支援拠点の紹介について」

           青森県よろず支援拠点 サブチーフコーディネーター 上野 真人

         

         ②「青森県働き方改革推進支援センターの紹介について」

           青森県働き方改革推進支援センター アドバイザー 三浦 修一

         

        ○個別相談会(希望者のみ、事前に申込みが必要です)16:00~17:00



 【申 込 み】  チラシの参加申込書に必要事項を記載の上、FAXまたはメールでお申込ください。

        ■申込期限:平成30年12月17日(月)※募集定員30名  開催案内チラシ

 

 【お問い合わせ・申込先】

   公益財団法人21あおもり産業総合支援センター(担当:齋藤・森)

   青森県よろず支援拠点事務局

   〒030-0801 青森市新町2-4-1 青森県共同ビル7階

   TEL:017-721-3787

   FAX:017-721-2541

   E-MAIL:aomori_yorozu2606@21aomori.or.jp


どうぞよろしくお願いします(((o(*゚▽゚*)o)))




☆IoT活用セミナー開催のお知らせ☆

みなさまこんにちは。

青森県よろず支援拠点:事務局の森です。

今年も残り2ヶ月となりました。が!

なんと!12月のよろずはセミナー2回あります!

(もう一つは次号のブログでお知らせします♪)

みなさまぜひお越し下さいね~☆


        <青森県よろず支援拠点 IoT活用セミナー>


 【開催日時】 平成30年12月5日(水) 13:30~16:20

 【開催場所】 地方独立行政法人青森県産業技術センター 工業総合研究所 

        IoT開発支援棟 2階会議室

        (青森市大字野木字山口221-10 / TEL 017-728-0900)

 【対 象 者】  中小企業・小規模事業者等及び支援機関担当者

 

 【内  容】 ◯施策紹介  13:35~14:15

         ①青森県のIoTビジネス支援事業紹介

         ②青森県よろず支援拠点の事業紹介

         ③工業総合研究所IoT開発支援棟の紹介

         ④国立研究開発法人産業技術総合研究所の事業紹介


        ◯講演①  14:15~15:00

         『中小企業のIT化からIoT化を支援するMZプラットフォーム』

          講師:国立研究開発法人産業技術総合研究所

             製造技術研究部門 主任研究員 古川 慈之 氏

        

         講演②  15:05~15:35

         『MZプラットフォーム導入事例の紹介』

          講師:株式会社日新電機システム 設計課長 金城 聡 氏

        

         講演③ 15:35~16:20

         『中小製造業のIoT支援MZプラットフォームを拡張した

          スマート製造ツールキットの開発』

          講師:国立研究開発法人産業技術総合研究所

             製造技術研究部門 主任研究員 古川 慈之 氏


       ○IoT開発支援棟の見学(希望者のみ)16:20~17:20

        個別相談会(事前に申込みが必要です)


 【申 込 み】  チラシの参加申込書に必要事項を記載の上、FAXまたはメールでお申込ください。

        ■申込期限:平成30年11月28日(水)※募集定員50名  開催案内チラシ

 【お問い合わせ・申込先】

   公益財団法人21あおもり産業総合支援センター(担当:齋藤・森)

   青森県よろず支援拠点事務局

   〒030-0801 青森市新町2-4-1 青森県共同ビル7階

   TEL:017-721-3787

   FAX:017-721-2541

   E-MAIL:aomori_yorozu2606●21aomori.or.jp(●は@に読み替えてください)


   よろしくお願いします~☆



  • entry3495ツイート
  • Google+