機能性食品とは

       「機能性食品」とは、文部省(現文部科学省)特定研究「食品機能の系統的解析と展開(1984~1986年)」において、世界で初めて日本で

     定義された概念で、以下の食品の機能のうち、第3次機能を有する食品を「機能性食品」としました。

       ◯ 食品の機能 (引用:食品機能の制度と科学/清水俊雄 著/同文書院)

第1次機能 栄養機能 従来から研究が行われてきた、生きていく上で最低限必要である栄養素やカロリーを供給する機能
第2次機能 感覚機能 味や香りなどの感覚に関わり、美味しいと感じさせる機能
第3次機能 体調調節機能 生体防御、疾病の予防、疾病の回復、体調リズムの調節、老化抑制などの機能

           

    青森県は、豊富な農林水産資源に恵まれ、特徴的な機能性を有するものが数多く存在し、県内の大学などの研究機関では、効能効果や

      利用方法など機能性に関する研究が盛んに行われています。

    『青森県産機能性食品素材データベース』では、青森県内の大学や研究機関が研究している「機能性食品」の情報を、「青い森の食材

      研究会」が取りまとめ、その概要(栄養成分、生産量、特性など)、主な機能性成分の研究成果等を紹介しています。

 

    『青森県産機能性食品素材データベース』 は、こちら